FC2ブログ

2019-05-02

風と共に去りぬ

★★★★★(5.0)
w風と共に去りぬ
鑑賞No:00047
原題:Gone With the Wind
製作:1939年/アメリカ/232分
監督:ビクター・フレミング
出演:ビビアン・リー/クラーク・ゲイブル

南北戦争勃発寸前のアメリカ。南部の大富豪の娘にして、絶世の美女スカーレット・オハラは、名家の御曹司アシュレーに思いを寄せていた。しかし、彼と彼の従妹メラニーが結婚するという噂を聞いてしまい、嫉妬からメラニーの兄と結婚するが折から始まった戦争で戦死、今度は妹のフィアンセを横どりして結婚するが彼も亡くなってしまう・・・・。

アカデミー賞を作品賞ほか8部門受賞した、いわずと知れた大作。高校生の頃初めて観てから何度観たことだろうか・・・。クールなレッド・バトラーを演じるクラーク・ゲイブルはかっこよく憧れた。また裕福な家のプライド高き娘・スカーレットが南北戦争の影響で何もかも失っていく中で、たくましく生きていこうとする姿に女性の本来の力強さ・たくましさを感じたものだった。そして何よりも、炎の中で崩れゆく屋敷を避けて走り抜ける馬車のシーンは何回見ても圧巻で印象的。時間があるときにじっくり腰をすえて観たい映画のひとつである。

劇場公開日 1952年9月4日



>>風と共に去りぬの続きを読む

  1. 洋画-か
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-02-28

駅馬車

★★★★
駅馬車
鑑賞No:00515
原題:Stagecoach
製作:1939年/アメリカ/99分
監督:ジョン・フォード
出演:クレア・トレバー/ジョン・ウェイン

1885年、アリゾナからニューメキシコへ向かう駅馬車に、騎兵隊の夫を訪ねる妊娠中の妻ルーシー、酒に目がない医者ブーン、町を追放された酒場女ダラスなどそれぞれに事情を抱えた男女8人が乗り合わせる。途中、お尋ね者のリンゴ・キッドも乗り込んだ駅馬車は次の町にたどり着くが、ルーシーの夫はインディアンに襲われたことにより負傷してしまい、遠くの町へ運ばれていた・・・・。

アメリカ西部劇の中でも有名な映画の一つで名作と評価されている作品。しかし、1930年代当時の西部劇は赤字続きで、ジョン・フォード監督はこの状態を打破しようとして、女性客も呼び込むためにラブストーリーと赤ん坊の誕生というエピソードを足した企画をしている。それはあえなく却下されるが、逆に本作は銃撃戦やインディアンの襲撃シーンなど、迫力あるシーン満載の古典的西部劇に仕上がっている。広大な砂漠を疾走するちっぽけな駅馬車が乗客の無力さを強調していて印象的。

劇場公開日 1940年6月19日



(キャスト一覧)
クレア・トレバー
ジョン・ウェイン
アンディ・ディバイン
ジョン・キャラダイン
トーマス・ミッチェル
ルイーズ・プラット
ジョージ・バンクロフト
ドナルド・ミーク
バートン・チャーチル
ティム・ホルト
トム・タイラー
ドロシー・アップルビー
フランク・ベイカー
クリス=ピン・マーティン
エルビラ・リオス


  1. 洋画-え