FC2ブログ

2016-03-04

パラダイン夫人の恋

★★★+
パラダイン夫人の恋
鑑賞No:02736
原題:The Paradine Case
製作:1947年/アメリカ/115分
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:グレゴリー・ペック/アン・トッド

夫殺しの容疑でパラダイン夫人の裁判が開かれた。事件を担当した弁護士キーンは、彼女のミステリアスな魅力の虜になり、無罪を勝ち取ろうと躍起になる。だが、彼女の内面に触れたとき、キーンは意外な事実を知る事になる・・・・。

アガサ・クリスティの「検察側の証人」を原作とした映画「情婦」を見た人は、その共通性を感じたと思う。それぐらい、設定やストーリーがよく似ており、先に「情婦」を観ていたため、この作品の先はある程度読めた。結果、予想通りの結末だったので、意外性はまったくない、フツーの作品に感じられてしまった。でも実はこっちの方が古いのよね。

劇場公開日 1953年2月24日



(キャスト一覧)
グレゴリー・ペック(Anthony_Keane)
アン・トッド(Gay_Keane)
チャールズ・ロートン(Lord_Horfield)
チャールズ・コバーン(Sir_Simon_Flaquer)
エセル・バリモア(Lady_Horfield)
ルイ・ジュールダン(Andre_Latour)
アリダ・バリ(Maddalena_Paradine)
ジョーン・テッツェル(Judy_Flaquer)
レオ・G・キャロル(Sir_Joseph_Farrell)
ジョン・ゴールズワージー(Lankin)
レスター・マシューズ(Inspector_Anbrose)
Patrick Aherne(Sergeant_Leggett)
Colin Hunter(Baker)
イソベル・エルソム(Proprietress at Inn)


  1. 洋画-は