FC2ブログ

2016-08-28

宇宙戦争 (1953年版)

★★
宇宙戦争(1953)
鑑賞No:01268
原題:The War of the Worlds
製作:1953年/アメリカ/85分
監督:バイロン・ハスキン
出演:ジーン・バリー/アン・ロビンソン

ある日、ロス郊外に謎の物体が落下する。科学者により物体を調査した結果、その物体は地球外生命体であることがわかる。その後、世界各地にその侵略兵器は落下し、破壊攻撃を始める。人類はあらゆる兵器で対抗するが太刀打ちできず・・・。

H・G・ウェルズの同名小説の映画化。トム・クルーズの「宇宙戦争」を観るとビジュアル的にはやはりかなり劣るが、50年以上も前の映画だと思うと、なかなかの出来だと思う。ストーリー的には非常に単純で判りやすく、設定的にも面白いと思ったが、やはりいただけないのはラスト。2005年版同様、あまりにもあっけない終わり方には消化不良感が残る。

劇場公開日 1953年9月1日



(キャスト一覧)
ジーン・バリー
アン・ロビンソン
レス・トレメイン
ロバート・コーンスウェイト


  1. 洋画-う

2015-12-26

地上より永遠に

★★★
地上より永遠に
鑑賞No:00962
原題:From Here to Eternity
製作:1953年/アメリカ/118分
監督:フレッド・ジンネマン
出演:バート・ランカスター/モンゴメリー・クリフト

第二次大戦直前の1941年夏、ホノルルのスコーフィールド兵営にロバート・E・プルウィットという青年が転属してきた。彼は上官に反目したため一兵卒に落され、転属の憂き目となったのだ。この新しい部隊の中隊長ダナ・ホルムズ大尉は、拳闘競技に夢中で、プルウが以前、隊でミドル級のチャンピオンであったことを知って、下士官に昇進を条件に彼にチーム入りをすすめるが・・・・。

米国軍隊内部をリアルに描いたジェームズ・ジョーンズの小説(51年)の映画化。バート・ランカスターとデボラ・カーがハワイの海岸の波打ち際で転がりながら抱擁するシーンは映画史に残る有名なシーンになった作品。真珠湾攻撃直前の米軍基地の暮らしを描いた作品だが、密通、売春、腐敗、残虐ないじめに焦点を当てたリアルな映画となっている。

劇場公開日 1953年10月18日



  1. 洋画-こ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-03-12

ローマの休日

★★★★
ローマの休日
鑑賞No:00261
製作:1953年/アメリカ/118分
監督:ウィリアム・ワイラー
出演:オードリー・ヘプバーン/グレゴリー・ペック

ヨーロッパ旅行中の某国のプリンセスのアンは束縛された今の生活にうんざりしていたため、スキを見て大使館を脱出する。初めての自由にはしゃぎすぎ疲れてベンチで眠りこんだアンを通りがかりの新聞記者が起こしたことから・・・。

オードリー・ヘプバーンがアカデミー主演女優賞を受賞し、一躍彼女を「永遠の妖精オードリー」として有名にした作品。オードリー演じるお姫様と一介の新聞記者とのひとときの甘くせつない恋を描く。何よりもオードリーが可憐で可愛すぎる!映画作品としてのレベルは別にして、オードリーの代表作といえる作品。スペイン広場でジェラートをほおばるシーンや真実の口に手を入れるシーンなど思い浮かぶ有名なシーンが盛りだくさん。身分違いの恋のため、最後まで告白シーンがなく切ない感じは残るが、さわやかなラブストーリーである。


  1. 洋画-ろ