FC2ブログ

2015-12-18

マイ・フェア・レディ

★★★
マイ・フェア・レディ
鑑賞No:00518
原題:My Fair Lady
製作:1964年/アメリカ/173分
監督:ジョージ・キューカー
出演:オードリー・ヘプバーン/レックス・ハリソン

ロンドンの下町、夜の巷で花を売っていた少女イライザ。そこへたまたま通りかかったヘンリー・ヒギンズは、彼女の余りにもひどい訛りに対し、正しい発声と淑女としての行儀を身に付けさせると断言するが・・・・。

ブロードウェイとハリウッドが折衷した陽気なミュージカル映画で、オードリー・ヘプバーンの代表作のひとつ。路上の花売り娘にすぎなかったイライザが、最初は厳しい試練の課程を受ける社会実験者から、やがて恋に落ちていく協力者、そして最後は立派なレディに成長する姿をヘプバーンが見事に演じている。

劇場公開日 1964年12月1日



  1. 洋画-ま
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-04-17

マーニー

★★★
シネマ大好き!
鑑賞No:02051
製作:1964年/アメリカ/129分
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:ティッピー・ヘドレン/ショーン・コネリー


働いていた事務所から大金を盗んで行方をくらましたマーニーは、髪を黒髪からブロンドに変え、新たな就職先を探す。そこで見つけた就職先で、社長のマークに見初められたマーニーはまんまと就職し、また金庫から金を盗み出す。しかし、マークに見つかり、さらにマーニーの正体を知って雇ったことも告げられる・・・・。


サスペンス調で始まるので、ヒッチコックお得意のサスペンスものかと思いきや、途中からはショーン・コネリー演じるマークとマーニーのロマンス調になってきて、ヒッチコックもの?と首をかしげる展開に。あまりドキドキ感もなく、ストーリーは進んでいきますが、最大の謎はマーニーが“赤”色を怖がること。幼い頃のトラウマが原因でその真相が徐々に明らかになっていくところは興味深いが、思ったほどの結末ではないのは残念。

  1. 洋画-ま