FC2ブログ

2012-12-17

ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う

★★+
シネマ大好き!
鑑賞No:02314
製作:2010年/日本/127分
監督:石井隆
出演:竹中直人/佐藤寛子/東風万智子/大竹しのぶ


とある街でバーを営む母娘三人。彼女たちは大金持ちになってセレブな人生を送るという大きな夢があった。そのために、高齢者を色香で惑わせ内縁関係になり、やがて自殺に見せかけて殺し、富士の樹海へ運ぶといった保険金殺人を繰り返していた。そしていつものように死体を富士の樹海に捨てに行った際、末娘のれんが被害者の身元がわかってしまうロレックスを遺棄現場に忘れてしまう。そこで、なんでも代行屋を営む紅次郎の元を訪れ、ロレックスの捜索を依頼するが・・・・。


グロさとエロさが混在した狂気の映画。画面も終始暗い中、カラフルなライトでちょっと異様な世界観を醸し出している。狂気なストーリーだが、意外と現実性があるような感じで、少し空恐ろしかった。内容的には「冷たい熱帯魚」のよう。佐藤寛子のオールヌードがやたら出るが、その大胆さには感服。大竹しのぶは「黒い家」でもその狂気な女性役に度肝を抜かれたが、この作品でも同様の役で、この手の役にうってつけの女優かもしれない。

  1. 邦画-ぬ