FC2ブログ

2018-02-06

ねこタクシー

★★★(3.0)
wねこタクシー
鑑賞No:02169
製作:2010年/日本/106分
監督:亀井亨
出演:竹山隆範/鶴田真由/山下リオ/芦名星

間瀬垣勤は元教師だったが、人間関係が原因で辞職し、今はタクシー運転手。人付き合いが苦手なのもあって、営業成績は最低だった。家庭でも妻や娘に馬鹿にされており、彼が唯一安らぐ場所は人気のない公園だった。そんなある日、いつもの公園で一匹の三毛猫を見つける。「御子神」と書かれた首輪をしたその猫に何とも言えぬ魅力を感じた間瀬垣は、タクシーに乗せて仕事を続けるが・・・・。

キレ芸タレントのカンニング竹山が、その芸風とは180度違った人見知りで腰の低い、しがない中年男を好演している。内容的には「ほのぼの系」で、大きな事件は起こらず、日常的なエピソードを綴っているだけのようだが、「御子神」同様、どこか癒される。家族も、会社の人も、タクシーのお客も、主人公と何かトラブル的なことが起こりそうな人間関係を予感させながら、実は皆なイイ人で、主人公の人柄もあってうまく収まっている。ドキドキはしないけど、ゆったり安心して観れる映画。

劇場公開日 2010年6月12日



>>ねこタクシーの続きを読む

  1. 邦画-ね
  2. CM(0)

2016-01-04

猫侍 南の島へ行く

★★
猫侍 南の島へ行く
鑑賞No:02758
製作:2015年/日本/85分
監督:渡辺武
出演:北村一輝/LiLiCo/高山善廣/木野花/横山めぐみ

無双一刀流免許皆伝の腕前で「まだら鬼」の異名を持つ剣豪・斑目久太郎は、江戸で仕官できず、故郷の加賀藩でしがない浪人生活を送っていた。そんなある日、久太郎のもとに土佐藩から剣術指南役の誘いが舞い込みむ。愛猫・玉之丞を連れて土佐へと出立した久太郎だが、船着き場で謎の忍者に襲われて土佐行きの船に乗り遅れてしまう。なんとか小舟を借りて海に乗り出した久太郎は、土佐を目指すのだが・・・・。

強面の浪人が愛らしい白猫に萌える姿が人気の時代劇コメディ「猫侍」シリーズの劇場版第2作。北村一輝の侍キャラが面白く、前作は大いに楽しめたが、本作は期待倒れ。本作では北村が原案・脚本を担当したらしいが、それが失敗の元だろうか?今回の設定からしてそうだが、予算がないのか、キャストにしろ、セットにしろ、ともかく安上がり感がいっぱい。また猫侍のつぶやきギャグも前作ほど冴えがなく、あまり笑えなかった。

劇場公開日 2015年9月5日



(キャスト一覧)
北村一輝(斑目久太郎)
LiLiCo(お蓮)
高山善廣(青海信玄)
木野花(タエ)
横山めぐみ(お静)
木下ほうか(忍者)
酒井敏也(舟頭)
緋田康人(港の男)


  1. 邦画-ね
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-12-23

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

★★★
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ
鑑賞No:01728
製作:2007年/日本/109分
監督:北村拓司
出演:市原隼人/関めぐみ/浅利陽介/三浦春馬

親と離れ、寮生活を送る高校生・山本陽介はある日の夕方、公園で何かを待っている制服姿の美少女を見かける。不思議に思った陽介が声をかけると、そこにチェーンソーを持った黒ずくめの大男が現れる。呆然とする陽介を尻目に、その美少女とチェーンソー男は闘いを始めたのたっだ・・・・。

予備知識のないまま観始めた映画で、最初は青春映画かと思いきや、チェーンソー男が天から降りてきて、美少女と闘い始めたところから、「何だ!これは?」との思いが走った。ハチャメチャB級映画?という様相を呈した展開の映画に急変するが、結局は青春ラブストーリー映画!?だった。チェーンソー男は、自分に降りかかってくる不幸、不安、絶望、恐怖などを表しているようで、それと闘う姿を描いているようだということが次第にわかってくる。その割には、ラブストーリーとしてもB級映画としても中途半端感は否めなかったので、どちらかに徹した方が良かったかもしれない。
  1. 邦画-ね

2014-10-20

寝ずの番

★★★
寝ずの番
鑑賞No:01305
製作:2006年/日本/110分
監督:マキノ雅彦(津川雅彦)
出演:中井貴一/木村佳乃/堺正章/笹野高史/岸部一徳

上方落語界の重鎮・笑満亭橋鶴が今まさに臨終しようというとき、最後に謎のお願いの言葉をつぶやいた。それを聞いた弟子たちは、師匠の願いを叶えんと慌てふためくのだが・・・・。

津川雅彦がマキノ姓を継いで初監督した映画。上方落語界の重鎮が亡くなり、通夜に集まった噺家一門が生前の色恋沙汰や下ネタで盛り上がる。死ぬ直前に「そそ(京都弁で女性の秘部)」と「外」を聞き間違えて木村佳乃演じる弟子の妻が協力したり、遺体とダンスしたり・・・、ありえない話だが笑える。死ぬのは重鎮だけでなく、一番弟子や妻も死んでいくストーリー展開はちょっと意外だった。
  1. 邦画-ね

2014-07-31

猫侍 劇場版

★★★
猫侍 劇場版
鑑賞No:02539
製作:2014年/日本/100分
監督:山口義高
出演:北村一輝/蓮佛美沙子/寺脇康文/浅利陽介

かつては人斬りと呼ばれた寡黙な剣士・斑目久太郎は、いまや浪人となり果て、長屋で傘張りをするほど生活にも困窮していた。そんなある日、飼い主を骨抜きにするという魔性の猫を斬ってほしいとの仕事が舞い込む。久太郎は猫を斬りに屋敷へ踏み込むが、そこであまりに愛らしい白猫と対面したため・・・・。

やくざ同士の抗争が背景にあるストーリーだが、その対立要素が犬派、猫派というところからしてコミカルなドラマ。よって、親分たちも人が良く、子分たちも憎めないキャラばかりで、当然、血も流れないし、誰も死なない。また、物語の中心である猫(玉之丞)が可愛く、ともかく癒される。北村一輝演じる武士のキャラもいい。真面目で寡黙な武士だが、心の声のシーンは笑える要素満載でついついクスッと笑ってしまう、本当に気楽に観れて小笑できる作品。




  1. 邦画-ね