FC2ブログ

2017-01-17

蟲師

★★+
蟲師
鑑賞No:01373
製作:2006年/日本/131分
監督:大友克洋
出演:オダギリジョー/江角マキコ/蒼井優/大森南朋

今から百年前の日本では耳が聞こえなくなったり、目が見えなくなったりするとそれは蟲のせいだと噂した。そしてその蟲を封じることが出来る者を蟲師と呼んだ。放浪のたびを続ける蟲師・ギンコは、ある日たどり着いた庄屋で、そこの婦人から耳が聞こえなくなった3人の患者の診察を依頼され、その原因が蟲だと突き止め、駆除にかかるが・・・。

漆原由紀の同名コミックを実写映像化したファンタジー。原作を読んでないので原作に忠実なのかどうかは不明だが、思っていたほど面白いとは思えなかった。131分というやや長めの映画にも関わらず、ストーリーにスピード感がなく淡々と進むので、かなり長尺に感じられ、やや退屈した。“蟲師”という役どころは面白い気がしたが、ストーリー全体としてはイマイチ魅力に欠けた。

劇場公開日 2007年3月24日

>>蟲師の続きを読む

  1. 邦画-む
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-09-16

麦子さんと

★★★+
麦子さんと
鑑賞No:02558
製作:2013年/日本/95分
監督:吉田恵輔
出演:堀北真希/松田龍平/余貴美子/麻生祐未

声優になることが夢のアニメオタク女子・麦子は、無責任な兄の憲男と2人暮らし。そんなある日、麦子たちが幼い頃に家を出たまま音信不通だった母親の彩子が突然現れ、同居することに。自分勝手な母が許せず戸惑う麦子だったが、実は病魔に冒されていた彩子は、ほどなくして他界してしまう・・・・。

自分たちを捨て家を出た母に恨みこそあれど愛情なんかひとかけらもないと思っていた兄妹だが、妹の麦子は納骨のために母の生まれ故郷を訪れ、そこで若き日の母の一面を知らされ、徐々に心境が変化していくさまが描かれている。登場人物に悪い人はおらず、特に母の故郷の人は皆いい人で麦子に対しても殊更親切にしてくれる。なんか心温まるストーリーとともに、やはり親子の血は切れないものだぁと感じさせる。特に、母を恨んでいた兄ですら、母の死に接し、火葬場でところ構わず泣くシーンには心打たれる。罪深き母親でありながら、どこか憎めないキャラの母親役を余貴美子が好演している。




  1. 邦画-む

2013-10-24

MW ムウ

★★★+
シネマ大好き!
鑑賞No:01859
製作:2009年/日本/130分
監督:岩本仁志
出演:玉木宏/山田孝之/石田ゆり子/石橋凌


16年前、ある島で島民全員が虐殺される事件が発生。その事実は政府の手によって闇に葬られるが、実は惨劇を逃れた2人の少年がいた。その一人、エリート銀行員となった結城は16年前の事件関係者に制裁を下す美しき殺人鬼となっていた。そしてもう一人の賀来は神父となるものの、結城の犯罪を黙認し苦悩することに・・・・。


手塚治虫生誕周年を記念して製作された作品。まず何よりも玉木宏演じる殺人鬼・結城の好演が光る。原作は読んでいないので良く分からないが、論評では原作との違いを酷評されているようだが、玉木宏の冷静で冷徹な殺人鬼はピカレスク映画としては及第点だと思う。またその結城を追う刑事を演じていた石橋凌も、歳を取って太めの体型でありながらのアクションシーンはなかなか見事だった。もう一人の主役・山田孝之の存在がやや中途半端な感じでイマイチいつもの存在感が感じられなかったのは残念。ストーリーはいわゆる復讐ものだが、復讐者が主役のこの手の映画であのラストは満足できるものなのか?ラストも山田孝之同様、中途半端感は否めなかった。





  1. 邦画-む