FC2ブログ

2019-09-19

卒業

★★★★(4.0)
w卒業
鑑賞No:00128
原題:The Graduate
製作:1967年/アメリカ/107分
監督:マイク・ニコルズ
出演:ダスティン・ホフマン/キャサリン・ロス

大学で陸上部のスターだったベンジャミンは卒業を機に帰郷して、卒業記念パーティーに出席する。そこで幼馴染のエレーヌの母と再会し、彼女から思わぬ誘惑を受ける。やがて夜毎の逢瀬を重ねることになるが、一方で憂鬱な日々を過ごしていた。そんな彼を心配した両親は、幼馴染のエレーヌとの交際を勧め、初めてのデートでエレーヌに恋してしまう・・・・。

大学を卒業する頃の社会に出て行くことへのいいようのない不安感、年上の女性への憧れや興味、そして幼く不安だらけの自分を包み込んでくれる包容力への安心感、そして純粋な恋愛・・・・。男なら一度は考え感じることをダスティン・ホフマンがよく演じていた。そしてバックに流れるサイモン&ガーファンクルの名曲と、ラストの花嫁を連れ去るシーン。映画音楽の重要性を感じるとともに、鮮烈な印象を残し大ヒットにつながったラストシーンはあまりにも有名で必見である。

劇場公開日 1968年6月8日



>>卒業の続きを読む

  1. 洋画-そ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2019-09-18

続・猿の惑星

★★★★(4.0)
w続・猿の惑星
鑑賞No:00127
製作:1970年/アメリカ/96分
監督:テッド・ポスト
出演:ジェームズ・フランシスカス/チャールトン・ヘストン

テイラーを追って猿の惑星に来た宇宙飛行士ブレント。テイラーを見つけることができるが、核戦争の放射能で変異したミュータント人間とゴリラ軍隊との戦いに巻き込まれていく・・・。

1968年製作の「猿の惑星」の続編。「あまりにも衝撃的だった前作を超えられるか」が一番の関心事だったが、意外とあっさり地球壊滅という結末にいったのが、ちょっと呆気なさを感じた。ただ前作1作で終わるにはあまりにも惜しい題材であり、本作もそれなりに楽しめる出来となっている。

劇場公開日 1970年8月1日



>>続・猿の惑星の続きを読む

  1. 洋画-そ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-07-17

ゾンビーノ

★★
ゾンビーノ
鑑賞No:01594
原題:Fido
製作:2006年/カナダ/93分
監督:アンドリュー・カリー
出演:クサン・レイ/ ビリー・コノリー

むかし宇宙からの放射線の影響でしたいがゾンビとなり人々を襲うという事態が発生するが、ゾムコム社が開発した首輪によってゾンビを従順にし、地球に平和が戻った。それから数年後、ウィラードの街に住むティミーの家でもゾンビを飼うことになり、「ファイド」と名付けて仲良しになる。しかしある日、ティミーと遊んでいる最中、ファイドが近所のお婆さんを食べてしまったことから街は大騒ぎになり・・・。

ゾンビがペットという設定に興味を持って観たのだが・・・・。突拍子もないコメディあるいは心温まるドラマを期待していたが見事に裏切られた。コメディなのか、ホラーなのか、ドラマなのか? どれでもないような中途半端さがあり、笑えないし泣くこともできない(もちろん感動もできない)。時代設定(60年代?)もよく分からないし、中途半端に不気味なゾンビをどの家庭も平気で飼っているという設定にも違和感を感じる。憎たらしい近所のお婆さんや悪ガキらがゾンビにやっつけられるところは多少スカッとするが、よく考えると街を大騒ぎにさせる元凶は主人公の子供とゾンビだし、彼らの行為を隠蔽しようとするストーリーにも疑問を感じ、まったくといっていいほど感情移入できなかった。マンネリ化した感のあるゾンビ映画としては新たな方向性は示せているので、もう少し脚本を練れば面白いものに仕上がると思ったが・・・・。

劇場公開日 2007年10月27日



>>ゾンビーノの続きを読む

  1. 洋画-そ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-05-24

続・激突! カージャック

★★★
続・激突
鑑賞No:00465
原題:The Sugarland Express
製作:1973年/アメリカ/110分
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ゴールディ・ホーン/ベン・ジョンソン

裁判で親の資格なしとして取り上げられた一人息子が養子に出されることになったクロービスとルー・ジーンの夫婦。ルー・ジーンに泣きつかれた現在服役中のクロービスは仕方なく脱走し、逃げる途中にパトカーをハイジャックするはめになる。やがて道路は封鎖され、大量のパトカーや野次馬が出てきて大騒ぎに・・・。

1969年に実際に起きた事件を基にしたアクション映画。当時まだ無名に近かったスピルバーグの本格デビュー映画なので、車関係ということもあり、好評だったTV映画の「激突!」の続編のようなタイトルだが、内容は全く関係なく続編でもない。前作?の「激突!」の出来が良すぎただけに、前作のようなスリルを期待すると肩透かしをくらうが、コメディタッチな部分を含め面白い映画には仕上がっている。ゴールディ・ホーンも嫌な女性を好演している。

劇場公開日 1974年6月8日

>>続・激突! カージャックの続きを読む

  1. 洋画-そ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-04-14

ゾディアック

★★★★
ゾディアック
鑑賞No:01448
原題:Zodiac
製作:2007年/アメリカ/157分
監督:デビッド・フィンチャー
出演:ジェイク・ギレンホール/マーク・ラファロ

1960年代末から1970年代前半にかけてアメリカで実際に起こった未解決事件の映画化。自ら“ゾディアック”と名乗って謎の犯行声明文と暗号を新聞社に送りつけ、殺人を行う犯人。このゾディアック事件を追う4人の男にスポットを当て、事件にのめり込むがゆえ、人生を狂わされていく姿を描いている。1969年、ドライブ中のカップルが襲撃され、女性が死亡する事件が起こる。1ヵ月後、新聞社にゾディアックと名乗る男から犯行声明文と暗号文が送りつけられ、暗号文を新聞に掲載しないと大量殺人を行うと脅迫してきた。新聞記者のエイブリーと漫画家のグレイスミスはこの謎解きに挑んでいく・・・。

157分という長尺で、なおかつ淡々と事件を時系列で追っていくため、途中やや中だるみする感もあったが、何よりも実在の事件だけあって目が離せず、最後まで息を飲みながら観れた。ただ、予想はしていたものの、未解決事件なので事実の列挙はできてもラストは有力な推測であり、真実が明らかにならない点は少々消化不良感が残る。単なる実在事件の映画化に留まらず、この事件に関わる4人の男もよく描かれている。映像はデビッド・フィンチャーらしい独特の映像センスが光った。なお、ゾディアック事件は1968年から1974年にサンフランシスコで確認された4件5人が殺害された未解決連続殺人事件。“ゾディアック”は事件後、犯人と思われる男から送られてきた犯行声明文で名乗っていた名前で、以後連続殺人の代名詞となっている。ちなみに、ゾディアックとは「十二星座(黄道十二宮)」の意味で、中世欧州にあった暗号の一種。警察で確認されている殺人は5人だが、最後の手紙では37人殺したとの記載もあり、真相は不明。クリント・イーストウッド主演の「ダーティハリー」に出てくる連続殺人犯スコルピオはゾディアックがモデルとなっていることは有名。ワシントンを舞台にした「エクソシスト3」の双子座殺人鬼もゾディアックがモデルとなっている。

劇場公開日 2007年6月16日



>>ゾディアックの続きを読む

  1. 洋画-そ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-07-14

ソウ5

★+
ソウ5
鑑賞No:01717
原題:Saw V
製作:2008年/アメリカ/93分
監督:デイヴィッド・ハックル
出演:トビン・ベル/コスタス・マンディラー

ジクソウの死によって一連の事件は終結したかに思われた。しかしFBI捜査官ストラムは、無傷でゲームから生還し、しかも連続殺人事件解決の手柄を独り占めしたホフマン刑事こそがジグソウの後継者ではないかと疑い、独自に捜査を開始する。一方、ある密室では、男女5人が監禁され、死のゲームが始まろうとしていた・・・・。

1作目があまりにも鮮烈で衝撃的だったために、それだけで続いているようなシリーズだが、もははストーリーはあってないようなもの。本気で観る気なら今一度、「1」から「4」を観て整理しないと、ただ「5」だけ観ていても訳が分からなくなっている。謎解きや意外性ももはやなく、エスカレートしていくのは残虐な描写だけ。ただ、正視に堪えられないようなシーンは増えている。このシリーズ、まだ続くような気配だが、さすがにもういいか!といった気分の映画。

劇場公開日 2008年11月28日



(キャスト一覧)
トビン・ベル
コスタス・マンディラー
スコット・パターソン
ベッツィ・ラッセル
マーク・ロルストン
カルロ・ロータ
ジュリー・ベンツ
グレッグ・ブリック
ローラ・ゴードン
ミーガン・グッド


  1. 洋画-そ

2016-02-02

ソウ4

★★
ソウ4
鑑賞No:01534
原題:Saw IV
製作:2007年/アメリカ/93分
監督:ダーレン・リン・バウズマン
出演:トビン・ベル/リリク・ベント/コスタス・マンディラー

「ソウ3」で死んだジグソウの遺体からメッセージテープが発見される。それはホフマン刑事に宛てた死のゲームの継続メッセージだった。ジグソウに共犯者がいると推理したホフマン刑事たちはただちに捜査を始める。一方、仲間が次々とジグソウの犠牲となっていたSWAT隊長リッグは何者かに襲われ、新たなゲームに強制的に参加させられる。それはホフマン刑事と失踪中のエリック刑事を救うためのゲームだった・・・。

人気シリーズの第4弾。本作ではジョン・クレイマーが殺人鬼ジグソウになっていく過程も描かれているという点で今までとはチョット違う側面を持っている。しかしながらストーリーは複雑になっており、はっきりいってよく分からない。登場人物もあまり特徴がなく、人物の区別すら難しく、より混乱させられる。仕組まれるトラップはだんだん巧妙になり、残虐性は最恐ともいえるが、それによって作品の価値を高めるには至っていない。第1作の、シンプルだが謎めいたトラップ、ストーリー展開、衝撃のラストが良すぎた分、それを超えるのはやはり難しそうで、どうも残虐性だけに走っているようにしか思えない内容だった。

劇場公開日 2007年11月17日



(キャスト一覧)
トビン・ベル
スコット・パターソン
ベッツィ・ラッセル
コスタス・マンディラー
リリク・ベント
アスィナ・カーカニス
ジャスティン・ルイス
サイモン・レイノルズ
マリク・リアルバ
マーティ・アダムズ


  1. 洋画-そ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-03-26

ソウ3

★★★
ソウ3
鑑賞No:01355
原題:Saw 3
製作:2006年/アメリカ/107分
監督:ダーレン・リン・バウズマン
出演:トビン・ベル/ショウニー・スミス

小学校で発生した殺人事件の現場に呼び出された女刑事ケリーは、現場にある死体が同僚のエリックのものではないと安堵するが、その夜、何者かに拉致され、どこかの地下室に監禁されてしまう。同じころ、交通事故で息子を失い復讐に燃える男と、拉致されてジグソウの延命を強要される女外科医の2人に対し、それぞれゲームが開始される・・・。

シリーズ第3作。本編では、ジグソウによる新たなゲームが展開しながら、「ソウ」「ソウ2」で残された謎も解明されていく。残虐描写では有名な作品だが、シリーズ通して最も残虐で、かつ残虐性だけでなく汚さも加わって、目だけでなく鼻も押さえたくなる。前作、前々作とリンクされていて明らかになる部分は親切だったが、「3」としてのストーリーはイマイチ。「1」でのシンプルさに比べ、だんだん大掛かりになりすぎて、逆に観るももの想像性が薄れさせるものになっている。

劇場公開日 2006年11月18日


  1. 洋画-そ

2014-11-14

ソウ2

★★★★
ソウ2
鑑賞No:01342
製作:2005年/アメリカ/100分
監督:ダレン・リン・バウズマン
出演:トビン・ベル/ショウニー・スミス

殺人事件の現場に呼ばれたエリックは、死体から犯人のアジトを割り出す。SWATらと踏み込んだアジトは案の定、連続殺人犯として追っていたジグソウのアジトだった。しかしそれはジグソウによる罠で、新たなるゲームの始まりだった・・・。

衝撃的なラストで話題となった「ソウ」の続編。前作と内容はリンクしているが、核となるストーリーは独立している。前作の「ソウ」の衝撃度が大きく、期待しすぎた分、前作ほどの衝撃はなかったものの、やはりラストはやられた~という結果に終わった。相変わらず目を背けたくなる残酷なシーンが満載だが、完成度の高いストーリーで楽しめた。
  1. 洋画-そ

2014-10-09

ソウ

★★★★
ソウ
鑑賞No:01252
製作:2004年/アメリカ、オーストラリア/104分
監督:ジェームズ・ワン
出演:ケアリー・エルウェズ/ダニー・グローヴァー

老朽化した巨大なバスルームで目覚めた互いに面識のない2人の男は「6時間以内に相手を殺すか、2人とも死ぬか」というゲームを強要される。一方、この犯人が他の被害者たちにもカミソリワイアーを張り巡らした密室、顎を砕くヘッドギアなどを用いた究極のゲームを仕掛けていたことが判明していく・・・・。

鎖でパイプにつながれた2人が密室に閉じ込められている。そして部屋の中央、2人の間には自殺したと思われる死体が・・・。何もかもが謎。与えられたテープを再生すると、生き残るためには相手を殺さなければならない・・・。どうなっていくのか、なぜなのかを問いながら、進む話につい引き込まれてしまう。最後の最後で「あっ!」といわせる鮮やかなどんでん返しは、一躍この映画をメジャーなものにし、シリーズ化させる原動力となった。目を覆うシーンもあるが、衝撃のエンディングを味わえる一作。
  1. 洋画-そ

2014-05-31

その土曜日、7時58分

★★★+
その土曜日、7時58分
鑑賞No:01815
製作:2007年/アメリカ、イギリス/117分
監督:シドニー・ルメット
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン/イーサン・ホーク

ニューヨーク郊外の小さな宝石店で強盗事件が発生。その事件3日前、会計士のアンディが弟ハンクに強盗計画を持ちかけており、狙いは両親が営む宝石店だった。二人とも金に困っての計画だったが、おじけづいたハンクは相棒に友人を雇ったことで計画に狂いが生じてきて・・・・。

自分の両親の宝石店を襲うことで、息子二人は金を得、両親も保険がおりて被害はないという、一見家族の誰も損しない強盗計画だったが、強盗の相棒に雇った友人のせいで、母親は死に、その友人も死んで、金は手に入らず、友人の家族にも付け狙われる・・・といった予想外の展開にワクワクさせられる。サスペンス映画としても面白いが、被害者と加害者が同じ家族であり、このチョットした誤算からこの家族が崩壊していく様は観ていて何ともいえない哀しさがある。展開は予想外だが、ストーリーは非常に分かりやすく、時間軸と視点がコロコロ変わるが逆にそれが大きな変化として楽しめる。スピーディな冒頭の展開とは裏腹に中盤少々中だるみするのは残念。



出演者
フィリップ・シーモア・ホフマン
イーサン・ホーク
マリサ・トメイ
アルバート・フィニー
ローズマリー・ハリス
アレクサ・パラディノ
マイケル・シャノン
エイミー・ライアン
ブライアン・F・オバーン


  1. 洋画-そ

2014-03-31

それでも夜は明ける

★★★★

鑑賞No:02500
製作:2013年/アメリカ、イギリス/134分
監督:スティーブ・マックイーン
出演:キウェテル・イジョフォー/マイケル・ファスベンダー


1841年、奴隷制度が廃止される前のニューヨーク州サラトガ。自由証明書で認められた自由黒人で、白人の友人も多くいた黒人バイオリニストのソロモンは、愛する家族とともに幸せな生活を送っていた。が、ある日、興業者に誘われワシントンでショーに出演するが、その興業者の裏切りによって拉致され、奴隷としてニューオーリンズの地へ売られてしまう・・・・。


第86回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門を受賞した作品。重く、辛く、痛い映画であるが、実話ということで観る者により訴えかけてくる作品となっている。内容が内容だけに、主人公と自分をつい置き換えて観てしまうが、自分だと絶望感にうちひしがれて、どこまで耐えられるか疑問に思いながら観ていた。それに反し、主人公の絶望感に屈せず、希望を持ち続け、生き延びようとする姿は素晴らしい。身分や差別が存在するがゆえに自分を失い、本性やエゴ丸出しの人間の醜い部分を見せつけられた思いのした作品である。アカデミー会員の好きそうな作品となっており、映画テクニックの部分では少し不満が残る点もあったが、全体的な内容としてはアカデミー作品賞受賞も納得。





  1. 洋画-そ

2013-04-12

卒業

★★★★
シネマ大好き!
鑑賞No:00128
製作:1967年/アメリカ/107分
監督:マイク・ニコルズ
出演:ダスティン・ホフマン/キャサリン・ロス


大学で陸上部のスターだったベンジャミンは卒業を機に帰郷して、卒業記念パーティーに出席する。そこで幼馴染のエレーヌの母と再会し、彼女から思わぬ誘惑を受ける。やがて夜毎の逢瀬を重ねることになるが、一方で憂鬱な日々を過ごしていた。そんな彼を心配した両親は、幼馴染のエレーヌとの交際を勧め、初めてのデートでエレーヌに恋してしまう・・・・。


大学を卒業する頃の社会に出て行くことへのいいようのない不安感、年上の女性への憧れや興味、そして幼く不安だらけの自分を包み込んでくれる包容力への安心感、そして純粋な恋愛・・・・。男なら一度は考え感じることをダスティン・ホフマンがよく演じていた。そしてバックに流れるサイモン&ガーファンクルの名曲と、ラストの花嫁を連れ去るシーン。映画音楽の重要性を感じるとともに、鮮烈な印象を残し大ヒットにつながったラストシーンはあまりにも有名で必見である。

  1. 洋画-そ

2012-08-24

ソルト

★★★★
シネマ大好き!
鑑賞No:02012
製作:2010年/アメリカ/100分
監督:フィリップ・ノイス
出演:アンジェリーナ・ジョリー/リーヴ・シュレイバー


アメリカ・CIAの分析官イブリン・ソルトはロシアからの亡命者を尋問するが、彼は長年アメリカに潜伏しているロシアのスパイが訪米中のロシア大統領を暗殺すると告白する。さらにそのスパイの名は「イブリン・ソルト」だという。急遽、二重スパイの容疑をかけられたソルトは、身の潔白と最愛の夫の身を案じ逃走を始める・・・・。


最近のサスペンス物はやたら謎めいたストーリーにしたいがために分かりにくいものが多いが、この作品は分かりやすく観ていて面白かった。ストーリーは分かりやすいが主人公の行動だけが謎めいていて最後まで敵か味方なのかハラハラさせられるのもまた良かった。さらにサスペンスとかスパイ物というよりは完全にアクション映画で、ほとんどスタントマンを使わずにアンジーがこなしたという体当たり演技はまさに見もの。アンジーのアクション映画は「トゥームレイダー」「Mr.&Mrs. スミス」「ウォンテッド」などがあるが、これが代表作になるのでは・・・?

  1. 洋画-そ

2012-08-19

ソラリス

★★+
シネマ大好き!
鑑賞No:02244
製作:2003年/アメリカ/99分
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー/ジェレミー・デイヴィス


心理学者のクリスは、惑星ソラリスの異変を調査する仕事を依頼される。渡されたビデオに写っていたのは、探査チームのリーダーでクリスの親友、ジバリアンが、困惑し助けを求める姿だった。宇宙ステーション、プロメテウスに足を踏み入れたクリスだが、そこで生き残っているのは科学者のスノーとゴードンだけ。一体何が起こっているのか、2人の話を全く理解できないクリスに、奇怪な現象が起こり始めた・・・・。


オリジナルの「惑星ソラリス」は観ていないが、本作もやはり予想通り難解な作品で、正直よくわからなかった。ただ、自分が同じ立場になったらどういう選択を取るのか考えさせられる映画だった。もし、自分の妻が死んで、その現実を受け入れて現実社会で生き続けるのがいいのか? あるいは虚実ではあれ、実体はなくてもイメージだけでも愛する妻のいる世界で暮らす方がいいのか? 歳を取れば取るほど悩ましい選択であり、しみじみ考えさせられた。

  1. 洋画-そ

2012-06-22

ゾンビランド

★★★+
シネマ大好き!
鑑賞No:02057
製作:2009年/アメリカ/87分
監督:ルーベン・フライシャー
出演:ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ


新型ウィルスの感染により、世界の人類の大半が人喰いゾンビとなっていた。そんな中、テキサス州ガーランドに住む大学生のコロンバスは数少ない生き残りの一人だった。彼は生き残るための32のルールを作り、それを慎重に守って生き延びていたのだ。そんな彼が、両親が住むオハイオに向かっていると、途中でタラハシーと名乗る屈強な男と出会い、彼の車に乗せてもらうことになるのだが・・・・。


馬鹿馬鹿しいほどくだらないゾンビ映画だが、これが意外と面白く、通常のゾンビ映画とはちょっと趣の違ったコメディゾンビ映画。コメディ系ゾンビものといえば、好きなのは「バタリアン」ですが、映画の感じとしてはむしろ邦画の「東京ゾンビ」のような雰囲気・笑いのような感じがした。映画自体は軽いタッチだが、出てくる人喰いゾンビは俊敏で、追われえる立場としては結構不気味。主人公たちが旅の途中で立ち寄るハリウッド・セレブの屋敷が実名だったのでもしやと思ったら、ビル・マーレーが実名で出演してきたのには思わず喜んだ。ゾンビでないのにゾンビに扮装して出てくるあたり、大コメディアンとしての貫禄十分!

  1. 洋画-そ

2012-05-28

ソーシャル・ネットワーク

★★★★
シネマ大好き!
鑑賞No:02105
製作:2010年/アメリカ/120分
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド


2003年。ハーバード大学生のマーク・ザッカーバーグは恋人のエリカにふられた腹いせに、学内の女生徒全員を格付けするサイトを作り、女生徒たちから悪評を買う。しかし、マークの才能に目をつけたウィンクルボス兄弟は彼に新しい学内のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のプログラミングを依頼する。しかし、マークは独自に「ザ・フェイスブック」を立ち上げ、規模を拡大していき・・・・・。


いわずと知れた世界最大のSNS「フェイスブック」の創設者マーク・ザッカーバーグの青春サクセス・ストーリーを描いた映画。第83回アカデミー賞では作品賞ほか計8部門でノミネートされるも、主要部門の受賞は逃している。(この時の作品賞は「英国王のスピーチ」)。しかしながらノミネート作品らしく、2時間という枠の中で、無駄なく、また時系列で描いていない構成の妙にも飽きさせない魅力を感じさせた。ただ、スピード感があって退屈はしないが、圧倒的な会話量と頻出する専門用語には少々辟易する場面も。今話題の「フェイスブック」ということでタイムリーな素材ではあるが、今後どうなっていくか分からないこの世界を見極めた上で、その結果を踏まえた作品として将来観てみたい気のする1本となった。(感じとしては、全然違った印象の映画になりそうな気が・・・・)少なくともこの映画の登場人物には誰にも共感できる人はいませんでした。

  1. 洋画-そ