FC2ブログ

2015-05-09

キツツキと雨

★★★★+
キツツキと雨
鑑賞No:02647
製作:2011年/日本/129分
監督:沖田修一
出演:役所広司/小栗旬/高良健吾/臼田あさ美

とあるのどかな山村に、ある日突然、ゾンビ映画の撮影隊がやってくる。ひょんなことから撮影を手伝うことになった60歳の木こりの克彦と、その気弱さゆえにスタッフをまとめられず狼狽する25歳の新人監督・幸一は、互いに影響を与えあい、次第に変化をもたらしていく・・・・。

2011年・第24回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞した作品。あまり期待せず、何気に観始めた映画だがこれは面白かった。職人気質で一見、人付き合いの悪そうな役所広司演じる木こりの岸さんだが、そこはやはり田舎の人、実は親切で、困っている映画撮影隊の結構無理難題な頼みごとを乗り気ではないながら結局巻き込まれて手伝っていく様を面白おかしく描いている。また、小栗旬演じる気弱な新人監督・幸一との交流も主題のひとつ。彼との交流を通して、岸さんは映画の良さを知り、映画にのめりこんでいくし、幸一も監督としての自信をつけていく。タイトルの「キツツキと雨」の意味がよくわからなかったが、キツツキというのは、森で暮らす木こりのことを言うらしい。雨はこの作品を観てもらえれば分かります。

劇場公開日 2012年2月11日


  1. 邦画-き