FC2ブログ

2015-10-01

くちびるに歌を

★★★★+
くちびるに歌を
鑑賞No:02717
製作:2015年/日本/132分
監督:三木孝浩
出演:新垣結衣/木村文乃/桐谷健太/恒松祐里

同級生の教師ハルコが産休に入ることから代役を頼まれ、東京から故郷の長崎県・五島列島に戻ってきた柏木ユリは、中学校の合唱部で顧問を務めることに。かつては天才ピアニストだったと噂され、教師とは思えないぶっきらぼうな性格のユリは、コンクール出場を目指す合唱部の生徒たちに、「15年後の自分」へ宛てた手紙を書くという課題を出す。その課題に応じた生徒たちがつづる手紙には、15歳の少年少女が抱える悩みや葛藤がつづられていた・・・・。

アンジェラ・アキの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」をモチーフに生まれた中田永一の小説の映画化。「トワイライト ささらさや」で個人的に好感度が一気にアップした新垣結衣が、今度は代理教師としてやって来たピアニストをまたも好演している。合唱部の顧問となった柏木と部員たちは最初は相容れないが、部員たちの持つ様々な悩みや事情を知るにつれ、次第に打ち解けていくというストーリーはありきたりではあるが、自然とのめりこまれていく。そして柏木のピアノ封印のワケも明らかにされるが、それよりもなによりも衝撃的で涙を誘うのが桑原サトルの手紙だ。手紙に綴られた、彼の生まれてきた理由と使命、そして親や兄を恨むでもなく、むしろ感謝するという幼気な気持ち。このくだりはもう涙が止まらなかった。

劇場公開日 2015年2月28日



  1. 邦画-く