FC2ブログ

2015-10-04

ダウト ~あるカトリック学校で~

★★★+
ダウト あるカトリック学校で
鑑賞No:01711
原題:Doubt
製作:2008年/アメリカ/105分
監督:ジョン・パトリック・シャンレー
出演:メリル・ストリープ/フィリップ・シーモア・ホフマン

1964年のニューヨーク。カトリック学校の校長シスター・アロイシスは、司祭のフリン神父が校内で唯一の黒人生徒と親密な関係にあることを耳にする。フリン神父が生徒と不道徳な関係にあるのではないかと疑ったアロイシスは、証拠もないままフリン神父を糾弾するが・・・・。

第81回アカデミー賞で、メリル・ストリープが主演女優賞にノミネート、フィリップ・シーモア・ホフマンが助演男優賞ノミネート、エイミー・アダムスが助演女優賞ノミネートされている話題の作品。残念ながら3人ともオスカーは逃したものの、特にメリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンの対決シーンは見もので、緊迫した舌戦に言いようもない興奮を覚えるような演技は見事。しかしそれほどの対決シーンを見せながら、なんかスッキリしない結果に観た人はみんな納得したのだろうか?本当の真実はぼかされたまま終わり、結論を観客に求めるような手法は最近多いが、対決シーンが見事だっただけに観ていてスッキリする結論が欲しかった。ラストのメリル・ストリープの言葉も意味深でますます謎の多い作品となってしまった。

劇場公開日 2009年3月7日


  1. 洋画-た