FC2ブログ

2019-05-09

がんばれ!ベアーズ

★★★+(3.5)
wがんばれ!ベアーズ
鑑賞No:00053
原題:The Bad News Bears
製作:1976年/アメリカ/102分
監督:マイケル・リッチー
出演:ウォルター・マッソー/テイタム・オニール

アル中のプール清掃人モリスは、かつてマイナーリーグで活躍していた経験を買われ、市会議員ボブから少年野球チームのコーチを任せられる。しかし、落ちこぼれの問題児ばかりを抱えた“ベアーズ”はいくら試合をしても負けてばかりだった。しかし、ボブがチーム解散を決めたことでモリスは発奮し、昔の恋人の娘で抜群の投球センスを持つアマンダと、不良少年ケリーをチームに加え、チームは勝ち始めるが・・・。

素人野球チームのいわばサクセスストーリーを描いているが、ただ勝つことのみではなく、本当に大切なものを教えてくれる映画。ウォルター・マッソーの監督役は最高で、個人的にはマッソーのイメージ像はこの役で固まってしまったほどです。テイタム・オニールもさすがに天才子役といわれるだけあって、いい演技をしています。“抜群の投球センス”を持つ少女役を演じるために、かなり練習したとか。子役ながら女優魂を感じます。家族向けにお勧めの映画です。

劇場公開日 1976年12月4日




(キャスト一覧)
ウォルター・マッソーテイタム・オニールビク・モロー

ジャッキー・アール・ヘイリージョイス・バン・パタンベン・ピアッツァクリス・バーンズエリン・ブラント

ゲイリー・リー・キャバナロ
  1. 洋画-か
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する