FC2ブログ

2018-05-21

薄桜記

★★★(3.0)
w薄桜記
鑑賞No:02897
製作:1959年/日本/109分
監督:森一生
出演:市川雷蔵/勝新太郎/真城千都世/三田登喜子

丹下典膳は高田馬場での決闘へ向かう途中の中山安兵衛と出会った。安兵衛の相手が自分と同門の知心流と知りその場を離れる典膳だったが、同門を見捨てたとして師匠から破門を言い渡される。典膳は千春という女性と結ばれるが、留守中に知心流の門弟五人により千春を陵辱されてしまう。五人組に復讐するため、典膳は浪人となり千春と離別し、千春の兄に斬られ片腕を失った。安兵衛は主人である浅野内匠頭の仇討ちのため吉良邸への討ち入りを計画。一方、典膳は吉良家に迎え入れられていた・・・・。

五味康祐の産経新聞連載小説の映画化で、赤穂浪士の仇討を背景とした時代劇。背景は赤穂事件ではあるが、赤穂事件を描いているわけではないので忠臣蔵ファンには物足らない内容。ただ、主人公の丹下典膳に関するストーリーは壮絶。名前が丹下で、片腕を失うことから途中、「丹下左膳」の話かと間違うような展開だったが、ラストの片腕での殺陣は緊張感があってハラハラした。顔と名前が分かる俳優が勝新だけで、キャストの設定も最初よく分からなかったので、初めて観るのなら役どころを予習して観た方がより楽しめる。

劇場公開日 1959年11月23日




(キャスト一覧)
い-市川雷蔵
か-勝新太郎
市川雷蔵
(丹下典膳)
勝新太郎
(中山安兵衛)
真城千都世
(千春)

三田登喜子大和七海路北原義郎島田竜三千葉敏郎

舟木洋一伊沢一郎須賀不二男清水元寺島雄作

加茂良子浅野寿子浜世津子香川良介荒木忍

伊達三郎東良之助嵐三右衛門南部彰三志摩靖彦

葛木香一光岡龍三郎浜田雄史横山文彦藤川準

玉置一恵菊野昌代士旗孝思沖時男大杉潤
  1. 邦画-は
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する