FC2ブログ

2012-08-18

アントキノイノチ

★★★
シネマ大好き!
鑑賞No:02256
製作:2011年/日本/131分
監督:瀬々敬久
出演:岡田将生/榮倉奈々/松坂桃李/原田泰造


高校時代、自分のせいで友達を「殺して」しまった事がきっかけで、心を閉ざすようになった杏平は、父親の勧めで“遺品整理業”の会社で働く事になる。そこでの初仕事は、死後1ヶ月で発見された男の部屋だったが、先輩社員のゆきと二人で黙々と部屋の整理をしていると、ゆきの手首にリストカットの痕を見つける。互いに心に傷を持っている事を知り、杏平とゆきは次第に強く惹かれ合うようになるが・・・・。


「おくりびと」でもこのような職業があるのかと驚いたが、この映画でも遺品整理業といった職業があることに驚きと、世知辛いながらも便利な世の中になっているなと感じざるを得なかった。死者を天国に送り届けるためのお手伝いをするという点では「おくりびと」も「アントキノイノチ」も共通するが、「おくりびと」がどちらかというと“死”を美化して見せていたように感じる反面、「アントキノイノチ」は“死”をよりリアルに現実のものとして描いていたのが大きく異なる点だったように思う。そういう意味で前半は興味深く観れたが、後半やや興味が薄れる展開になり、タイトルの由来を示すオチには少々冷めてしまう。


  1. 邦画-あ